葉酸サプリ「エレビット」は危険?副作用はある?

 

エレビットで重い副作用が起こったという報告はありません。
それは、厳しい基準をクリアしたグローバル基準のサプリメントであるからこそです。

 

また、製薬会社が製造しているので、副作用に関しては細心の注意を払いながら製造されています。

 

ここで、エレビットの副作用についてお話しします。

 

 

エレビットは製薬会社が製造する葉酸サプリ

エレビットは1984年にドイツの製薬会社「バイエル」が開発した葉酸マルチビタミンサプリです。
現在では、62カ国と地域で販売されている
グローバル基準のサプリメントなので品質管理はかなり徹底されています。

 

厚生労働省が定めている1日の葉酸摂取量の目標や
その他の栄養の摂取基準も取り入れて、
忠実に製造されている葉酸マルチビタミンサプリなので危険性はどこにもありません。

 

 

エレビットの優れた品質を証明するGMP

 

日本には、国が定めた製造管理、品質管理の基準の厳しいGMPがあります。
エレビットはサプリメントなので、健康食品に定められたGMPをクリアしています。

 

さらに、製薬会社が製造しているということで医薬品の
GMPもクリアできるくらいの基準で製造されているのです。
つまり、サプリメントでありながら医薬品くらいの
製造管理、品質管理が徹底されているということです。

 

製造工程では、農薬検査やアレルギー検査、放射能検査までしっかり行なわれており、
品質管理が徹底された高品質な葉酸サプリです。

 

 

副作用があるとしたら葉酸との相性が原因かも?!

 

葉酸サプリのエレビットの口コミをネットで検索してみると、
副作用のような症状が出たと言っている人もいます。

 

エレビットはGMPもクリアした高品質なサプリメントなのに、
なぜそんなことが起こるのか?

 

一つ考えられることは、葉酸の配合量が多いために、
葉酸によって出ている副作用ではないか?ということです。

 

葉酸の過剰摂取による副作用にはこんな症状があります。

  • 食欲不振
  • 発熱
  • 吐き気
  • 不眠症
  • むくみ
  • じんましん
  • かゆみ
  • 呼吸障害
  • 赤ちゃんの喘息など

 

厚生労働省では、1日に400μgの葉酸を摂取するようにと指示しています。
それに対して、エレビットは1日に800μgの葉酸を摂取できるようになっているのです。
つまり、基準の2倍ですからかなり多いのですね。

 

ただ、厚生労働省が定める過剰摂取量の1000μgは超えていないので大丈夫ですが、
中には葉酸の量が多いために葉酸による副作用の症状が出る人がいるようです。

 

 

エレビットより良かった葉酸サプリとは?

 

個人的にエレビットより良かった葉酸サプリをこちらで紹介しています。